徳川家康

by WIKI

 

服部半蔵

by WIKI

 

イジメのルーツ10

人権とローカリズム(地域主義)の環境上の衝突

   イジメのルーツ 10   (終章)、家康爺いの人落としの術

 

○ 家康爺いの肉声を求めて回を重ねてきたのですが、家康爺いが今川義元への人質として駿府に赴くとき、家康爺いに従う家臣の中では最高齢者として同行した酒井忠次から始まり、多くの部下との出会いがあり、不思議と爺いについてゆく、おそらく数百人を越える一期一会を重ねたのでしょう、仮に千人として、成人してから50年の間に毎年20人の優秀な部下を育てたことになります、毎月2人のペースで人を虜(とりこ)にしてきた、爺いの魅力はなんだったのでしょうか、私の考えでは、この時代の通信、郵便ネットワークはひとえに夜間の忍者の健脚に負っていた、たぶん、千人への出会いとその猛者たちを取り込むのに、その数以上の伝令がいたと考えます、爺いは気配りと同時に裏情報も抜かりなく押さえていた、草、ラッパとの会話以外むだ話(飲んでクダを巻くとか)はしなかったのではないでしょうか、

 

○ ここでキーポイントです、出会う前に出会っていた、話す前に話は済んでいた、とくに、三方が原の敗走のあとは爺い独特のコミュニケーション手段を築いていた、爺いは特段槍の使い手でもなく、二刀流の名手でもなく、秀吉ほどウィットに飛んでいたわけでもなく、人の心を落とす弓の名手だったのでしょう、これといった発言の記録が無い割には多くの部下を従わせた、この時代の最上品質の知性を備えた忍者だった(情報将校タイプ)と、いろんな文献を開く度にこの観を強くします、

 

○ 今の時代に例えると、帝国データバンクや東京商工リサーチのような信用情報を管理する技術を、武田信玄率いる武田忍群から学んだのでしょうね、信用審査は取引の入り口(敵を知り、己を知る)ですから重要です、信長は鉄砲術で、秀吉は運搬、搬送技術、今で言うとロジスティクスで、家康爺いは忍群オンラインネットワークで覇者となったのですね、秀吉兄貴にしぶしぶお供させられた北条氏攻めでは、その後に優れた人民統治の思想と優秀な部下を多数手に入れ、箱庭世界(大井川に橋は架けさせない)ではありましたが、法治国家を作り上げた、それでは、終章ですので、家康爺いの人(ひと)落としのコミュニケーションテクニックを開帳します、

 

伊勢崎先生の歴史講座

徳川家康編その19・加増の価値は

http://aonoao.opal.ne.jp/lesson/hist/ieyas19.html

 

 サブプライムローン問題では、多くの格付け会社の未成熟さが全世界の金融システムを巻き込み、未曾有の金融収縮による損失が発覚しています、家康爺いの禄高管理も全く近代の評価・査定方法に通じるくらい進んだものでした、忍群ネットワークの本領を発揮した検地後の評価システムでしたね、

一族・譜代の取り扱いに関して

家康は息子である秀康、忠輝や創業時の功臣に冷たく当たったなどと言われるが、功臣や秀康に対し、所領の面では十分報いており、本多忠勝に対しては、その子と孫に自分の孫娘(信康の娘と千姫)を嫁がせ、秀康の息子には、勝姫(秀忠の娘)を嫁がせるなど、一定の配慮は示している。忠輝に対しても、改易前には御三家並の所領が与えられていた(越後・高田55万石)。大久保長安事件(あるいは本多正信との政争)で改易された大久保氏も忠隣の孫、忠職は大名として復権し、家康の死後は加増が行われ次代である忠朝は旧領小田原への復帰と、11万石という有力譜代大名としての加増を受けている(ただし、忠職が家康の曾孫であるから、という見方も出来るのも否めない)。更には、人材の環流は組織の活性化に必須である。これらの事から一連の行為はあくまで幕府の体制固めとして行われた政治的行為として解釈するべきである。

次男・結城秀康や六男・松平忠輝らを、出生の疑惑や容貌が醜いなどの理由で、常に遠ざけていた(領地を与えたのは自分の息子であるという形式上の対応に過ぎず、秀康も忠輝も家康に終生疎まれたという)。また、長男・信康切腹に関しても、家康自らの粛清説も近年唱えられている。さらに徳川四天王である本多忠勝や榊原康政を関ヶ原後に中枢から隔離し、この2人に匹敵するほどの武功派であった大久保忠隣を大久保長安事件で改易・失脚させるなど、息子や家臣に対しても冷酷非情な面を見せる人物だった。

大久保長安事件のとき、すでに長安は死去して埋葬されていたが、家康は長安の半ば腐敗した遺体を掘り起こして斬首し、さらにその首を安倍川の川原で晒し首にしており、この事から「家臣に冷酷で残虐である」と否定的評価をされることがある。

とはいえ、家康はかつて敵対していた今川・武田・北条の家臣も多く取り立て、彼らの戦法や政策の中で使えると判断したものはどんどん取り入れている。自分の勢力の維持・拡大の為とはいえ、かつて自分の命まで狙った敵を頼れる味方に変えた懐の深さを見せた家康は、"故老諸談"にこのような言葉を残している。「われ、素知らぬ体をし、能く使ひしかば、みな股肱となり。勇功を顕したり」

 

○ 要は、コミュニケーションの全てが、評価に直結し、その裏付けの情報を添付した、戦国時代を勝ち抜くには致し方ないことなのでしょうが、「生きる恫喝」、指し示す基準にブレが無いので、従わざるを得ない、最近の業績連動人事システムのまやかしなどもこの辺りを原点にしていて、何も進歩していないのには驚きです、大福帳の筆がエクセルに変わっただけ、というのも驚異的な停滞性ですね、「ぜげん」商売が繁栄するのも致し方なしですかね、どの組織でも「ぜげん」社員が出世する、いずれにせよ、モニター機能は家康爺いしか持っていない秘密兵器でしたね、「私心」バロメーターでモニターしたのでしょうね、

 

○ 稲盛和夫さんの言葉に、「動機善なりや、私心なかりしか」 、というのがあります、DDIを設立し、電気通信事業へ参入するにあたって、自身の動機に利己的な心、「私心」がないかと、半年間にわたり自問したときの言葉、だそうです、家康爺いも稲盛さんも創業者として原野を切り開く情熱には共通の資質があるのでしょうね、ここで家康爺いのスタイルを見てみます、

家臣と家康

多くの有能な家臣に恵まれた家康は率直な物言いをする者を好んで重用した。時につかみ合いの喧嘩をし、罵りあった事もあると言う。

 

○ 「率直な物言いをする者」とは、「私心」の無さを常に試された、ということでしょう、とはいえ、二代目秀忠には、関が原の遅刻をはじめ、創業者の自分とは違う苦労、困難が伴うことを予見し、過度の「私心」狩りにならないよう気を配ったみたいです、そうして300年間、官民揃って「私心」狩りにまい進した結果、幾度となく欧米列強の介入を阻止し、独自の品質維持(どんぐりの背比べ人事)政策を続けてきたのでした、そうこうする内、先般「女性は産む機械」と失言(究極の道具化)した大臣がいましたが、この方などは、300年前をそのまま生きておられる、シーラカンスマンを見たようで思わず失笑してしまいました、これとは逆に、坂本竜馬の感性などは現在でも充分通用する進取の気象に恐れ入っています、

 

○ 「私心」は組織維持の観点から邪魔なものなのでしょうか、最近の世相では、内部告発(幹部から見れば飼い犬にかまれる)が深刻な企業犯罪を開示し、コンプライアンスの強化を叫んでいます、社会も少しずつ「私心」による行動を認めようじゃないかと動きつつあるようです、欧米で流行っているストックオプションの付与などは、これら「私心」を極限までヒートアップさせ、なおかつ、「私心」サイドへの選択も許し、受け入れようとしています、徐々に日本の法律も、制度も、組織を構成するメンバーも、「私心」ありきベースで運用するよう、憲法、民法に弾力性を持たせた変更をしてゆくのでしょうね、

 

○ どうしても笑っちゃうのは、クリントン前大統領のスキャンダルでした、チョット小太りの女性が画面に出た時を思い出してしまいます、ケネディとマリリン・モンローの悲劇もありました、アメリカのパワーの元は、人間として受け入れようとしている点でしょうか、人間の社会なのだ、この点でしょうか、翻って、日本での官僚の気持ちの腐敗は、「私心」を除去し、聖職化を強制し、結局挫折してしまう構図ですね、防衛庁の内規など、衝突事件をおこした「あたご」などに、過度の「私心」狩りによる疲弊を読み取ることができます、こちらもシーラカンス症状のようです、職業に聖職は無い、公務員(医業も加える)にも建前と本音の乖離政策を改め、本気で職業に「貴賎は無い」と言えるように、これからの100年をかけて列島改造(教育現場から)を目指すべきなのでしょう、

 

○ 中途半端な「私心」狩りを残すと、このかけがいのない「私心」が復讐してくる、私心=自由(制度の中での自由は制限を受けるが)、人々のコミュニケーションの中にも「私心」ありきで、認め合う方向に向かいませんか、憲法第九条の精神(国の交戦権は、これを認めない:国家は忠誠の対象ではない)はこのことを指し示しているのです、長く続いた仏教(禁欲的)、儒教(世襲の温存)、五人組(嫉妬のネットワーク)、家康爺いのセットした遺伝子、イジメを芸術にまで昇華しないよう、ここらで日本文化のタヒチ化に舵をきるべきでしょうね、いくら精神主義を鼓舞しイージス艦の秘密漏洩を防ごうとしても、国家の大きな秘密を扱う職務に、「私心」狩りを強要しても、無限に滅私を強要することになるので不可能です、それよりもプロフェッショナル化し、職業倫理で到達点を示す(減点主義ではなく、加点法に)、「私心」が倫理に結びつけば良い(国家などが介在することなく)のではないでしょうか、日本がこれから脱皮するべきなのは、国家、企業などの組織のスケールだけで倫理を押し付けてはならない、ということでしょうか、さらに進めると、モチベーション連合体、これはあくまでも大組織の介入力の存在しない状態を示します、モチベーションの維持に疲労を感じたらいつでも「抜け忍」可能、人生を賭した忠誠心→出入り可能なモチベーショングループ、今後は後者が勝利するのでしょうね、ちなみに、世襲は前者に属してしまうのでしょう、

 

○ 家康爺いだけでなく、この時代のコミュニケーションには、ひとつ間違うと切腹、自害となる確率が高いので、全員が行者のような日々の生活を送ったと想像しています、なぜなら、科学警察の証拠実証主義などは無いのですから、冤罪、根も葉もない自白により、いかほどの無実の人が即刻磔(はりつけ)となったかを考えると、「事実は小説より奇なり」、その内実は小説以上に奇妙な、ミステリアスな江戸の文化なのですね、さらに、女性にとっては悪夢以外のなにものでもない時代でしたが、これだけ過酷な時代を生き抜いた日本の女性が、ひと度、世界に出ると光るわけですね、「花の命は短くて・・・」、番茶も出花の瞬間を永遠に続くよう心持ちを変えて命をつないで来たのですね、「お市」、「お江」、彩(いろどり)をありがとう、

 

○ プロフェッショナル化したモチベーショングループの葛藤、肉体や精神の健全さの維持に影響を与えない限り、切磋琢磨、せめぎあい、組織(道具化への強制がある)から脱却し、グループ化、イーブンな配分を受け入れる、資本主義だけでも成り立たない(地球環境の制約)、社会主義では進化が止まる、両者を高度にミックスし、例えると、カツオノエボシ(多くの固体が集まり群体になるクラゲ)、考えてみると経済の高度成長期の中小企業はこのような形態になっていたのかもしれません、ただ、今となっては箱物としてのモチベーションの抜け殻になってしまい休眠、倒産してしまったのでしょうね、

 

○ そのような訳で、原子力発電産業(大企業としての東芝)の行く末、とくに組織論には興味を持ってみています、シャープの堺工場なども第十世代液晶パネルを引っさげて規模の効率化を推し進めてますが、それに対して、ゲリラ的存在の第六世代の工場や、とくにビジオ社との戦いに興味を持ってみています、日本式カツオノエボシ化を編み出し、組織の巨大化によるリスクの巨大化を予防するようにしてください、最後にひとこと、神輿を担いで巨大化するのではなく、必ず、葛藤を前提に緩やかなグループ結合に変化し、グループの継ぎ目で予想もできないような巨大な環境リスクを、ショックアプソーバーとして吸収してもらいたいのです、

 

○ 「秘すれば花」(世阿弥)、江戸時代を要約するとこの言葉になると感じています、信長、秀吉、家康爺いの3代の英雄の生き様を通して最も印象に残る事件は、千利休の賜死(死刑の一種)事件だろうと個人的に思います、秀吉は利休に黄金の茶室を監修させ、いかにわび茶の悠久でふくよかな精神性と縁の無い人格かを晒(さら)してしまった、これは文禄・慶長の役の前年の出来事で、秀吉は心の大きな穴(信長とお市)を埋めようともがいていたのでしょう、折りしも、

バテレン追放令--(1587年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%B3%E8%BF%BD%E6%94%BE%E4%BB%A4

追放令の原因 諸説と論証

この追放令が出た背景には諸説あり、秀吉が有馬の女性を連れてくるように命令した際にキリシタンであることを理由に住民が拒否し秀吉が激怒したとも、島津攻めに向かった秀吉の目の前で、当時の日本イエズス会準管区長でもあったコエリョがスペイン艦隊が自分の指揮下にあるごとく誇示した事が原因とも、九州の有馬氏や大村氏などのキリシタン大名が寺社仏閣を破壊すると同時に、僧侶にも迫害を加えたり教会へ莫大な寄進を行っていた事が理由とも、また織田信長から継承した旧来の寺社領を解体して統一政権の支配下におく政策をイエズス会領である長崎にも適用しようとしてイエズス会側が従わなかったとも、宣教師の一部が国外へ人身売買を行っていた事が原因とも言われている。

 

○ 「宣教師の一部が国外へ人身売買を行っていた事が原因とも言われている」、このことを天正遣欧少年使節からアジア地域での日本人奴隷の実情について情報を得る、

天正遣欧少年使節、聚楽第において豊臣秀吉に謁見--(1591年)

文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき)は1592年(日本文禄元年、明および朝鮮万暦20年)から1598年(日本慶長3年、明および朝鮮万暦26年)にかけて行われた日本の豊臣秀吉が主導する遠征軍と李氏朝鮮および明の軍との間で交渉を交えながら朝鮮半島を戦場にして戦われた戦役である。

サン=フェリペ号事件--(1596年)

(水先案内人が「イスパニアが広大な領土を獲得したのは、キリスト教の布教と宣教師の手引きによるものだ」と発言した。この発言を聞いた秀吉は、キリスト教が布教を通じて実質的に目指しているのが植民地化であることを理解し、キリスト教の禁止に踏み切ったといわれている。)

日本においてキリスト教が実質的に禁止させられるのは徳川家康の命による1614年(慶長19年)のキリスト教禁止令以降のことになるが、家康の禁教令も基本的な部分において言い回しなどこの秀吉のバテレン追放令にならうものとなっている。

 

○ 年代から見て、バテレン追放令とサン=フェリペ号事件は直接には関係が無いみたいです、いずれにしても、列強の圧迫を受け、「先手必勝」を地で行った秀吉の生き様が浮かび上がってきます、一方、「後手必勝」、構えの家康爺いは着々と江戸城で忍群ネットワークの高品質化に向け鍛錬を重ねます、家康爺いの築いた300年の両サイドに朝鮮への侵攻(文禄・慶長の役とバルチック艦隊殲滅後の日韓併合)があるのは、西欧文明の文物との差をひしひしと感じ、やむにやまれず打って出た姿が見えます、これらの点から見据えても、家康爺いの平和への好手がいかに磐石だったかが忍ばれます、

 

○ そしていよいよ関が原の後、家康爺いの信用査定、兵力の最適配置、先を見据えた評価・査定システムが諸法度の広まりと共に廻りだします、爺いはこれらの評価が的確であったと同時に、そのソースは明かしません、まさに「秘すれば花」を実践したのです、秘匿、隠蔽、消却などの行為は空間的に見ると、収縮方向で時間と共に埋没してしまい、もしその中にぶり返すようなリスクが潜んでいたら制御できなくなる危険性を孕(はら)んでいます、第二次大戦の遠因(関東軍の暴走)とするには少々無理があるでしょうが、環境に視点を移すと、これら隠匿行為は将来測れないリスクを負う可能性があり、危険極まりない行為になります、環境サイドでは「秘すればあだ(徒)」、積極的な開示、共有こそが地球環境維持のための知恵になります、

 

○ ところで、開示行為は先ほどのように空間的に見ると、収縮とは反対に拡大(緩慢な爆発とも呼べる)の性質を帯びます、ネットの中でも一度広まるとソースお構いなしに増殖する傾向があり、注意して取り扱う必要があります、それでも開示は必要です、地球という環境大王が切に望むのが、開示と共有によって環境破滅のリスクを最小限にするよう保障することです、地表の酸素総量を把握し、その配分の最適化に気を揉む時代がそこまで来ています、このような訳で、コミュニケーションのために息をする、これ自体にリスクに姿を変えたコストが隠れています、もうひとつ、差別・排除はカビのような存在で開示行為でのみ滅菌されます、開示の遅れた組織(名ばかり開示企業を含む)では必ずといっていいくらいハラスメントが潜んでいます、遺伝子にまで昇格しているハラスメント(≒イジメ)は癒すのに骨が折れます、「世襲は世代を超えた100年のハラスメント」、とまで世の中はならないかもしれませんね、

 

○ こうならないように、森を増やしましょう、水蒸気(レマン湖のジェット)を増やしましょう、最後に、ネット環境をクリーンに、

地球大気の酸素の総量+WEBを伝う(共有のための)信号の総量

=地球の将来

 

○ ご清聴有難うございました。

   (終章執筆時点での来訪者の数、延べ16000名でした)

   (100000名に到達したら、日付を記載します、皆様もご健勝で)

イジメのルーツ10

ティトム球理論2 応用編 フォーチュンテラー fatacy linear-500km-ip5 宇宙の全て ティトム球理論 降着円盤 銀河のジェット Titom umegle-hankyu 人権とローカリズム(地域主義)の環境上の衝突
人権とローカリズムの環境上の衝突 家康爺 の人生を通して 男と女とクラインの壷 iss 阪急阪神ホールディングス 監査システムの蹉跌 グループ社員 親会社への株主代表訴訟が連結子会社へ訴求できるように 有報から・・・・   会社法の改正を求めます ギリギリ合法でしょう 阪急阪神グループのパワハラ裁判
momloveu.com サイトマップ Site-map 超対称性ティトム理論 Super Titom Theory