徳川家康

by WIKI

 

服部半蔵

by WIKI

 

イジメのルーツ 9

人権とローカリズム(地域主義)の環境上の衝突

   イジメのルーツ 9   イエズス会とルネッサンス、爺いは知っていた

 

○ プレ終章になります、信康切腹事件も耐え難い事件でした、信長への恭順を証明させられた、そして今川との過去の清算を強制させられたのでした、次に控えるのは、秀吉との確執です、小牧・長久手の戦い、稀に見る忍者戦だったようです、さっそく見てみましょう、

小牧・長久手の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%89%A7%E3%83%BB%E9%95%B7%E4%B9%85%E6%89%8B%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

小牧・長久手の戦い(こまき・ながくてのたたかい)は、天正12年(1584年)に、羽柴秀吉(1586年、豊臣賜姓)陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦役。小牧の役とも。

開戦まで

天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦い時に、秀吉は織田信長の次男・信雄を擁立して、信長の3男・信孝を擁する柴田勝家に勝利した。この戦いの後、秀吉は同年暮れ新築した大坂城に信雄を含む諸将を招いた。それは、秀吉に対し臣下の礼をとることを意味することになるため、秀吉の「主家」を自認する織田信雄はこれを拒否し、大坂参城の命に従わなかった。

これに対し、秀吉は信雄家の家老であった津川義冬、岡田重孝、浅井長時(田宮丸)の3人を懐柔し、「3人が秀吉に通じた」というデマを流した。これに疑心暗鬼となった信雄は36日に三人を処刑、秀吉に信雄を攻撃する口実を与えてしまう。その信雄が家康に援軍を求め、家康が37日に出陣したことから、秀吉と家康との戦いとなる。

秀吉包囲網の形成

小牧の役に当たっては、紀州の雑賀衆・根来衆や四国の長宗我部元親、北陸の佐々成政らが、信雄・家康らと結んで秀吉包囲網を形成し、秀吉陣営を圧迫した。

 

○ この後の詳細部分は、いかに凄まじい忍者戦だったかに重点を置いて読み調べてください、登場人物として興味を引くのは、徳川方の四天王は言うに及ばず、森長可(恒興の女婿で本能寺の変で信長とともに戦死した森蘭丸の兄)、於江与(佐治一成に嫁いだ浅井長政の三女、後に家康の子徳川秀忠と再婚し、その正室となった、母はお市の方:崇源院、徳川家光、千姫の母)、

雑賀衆・根来衆の動き

雑賀衆・根来衆が海陸から北上して秀吉側へ攻勢をかけたので、秀吉が尾張へ出陣するのはかなり遅れた。秀吉の尾張出陣後も、雑賀衆・根来衆は大坂周辺を攻撃して、秀吉の心胆を寒からしめる。

政治史的意義

この戦いで、秀吉は家康を完全に屈服させることに失敗し、征夷大将軍補任、すなわち幕府開設への道が閉ざされ、後の政治史へ大きな影響を及ぼすこととなったという説がある。これは当時の観念では、名実ともに武家の棟梁を意味する征夷大将軍となるためには、東国(特に関東)を支配することが必要条件とされており、戦国期に関東を支配していたのは北条氏だったが、家康は北条氏と同盟関係にあり、秀吉が東国・関東を支配するには、まず家康を屈服させる必要があったという説である。

小牧の役はこのように政治的色彩の極めて強い戦役だったと考えられている。秀吉は家康を屈服させられず、後に北条氏を征服することには成功したものの、終始家康に対する不安と懸念の解消は果たせなかった。後の徳川幕府への道はここから始まっていたとも言われる。

崇源院 ---(於江与、小督(おごう))

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%87%E6%BA%90%E9%99%A2

浅井長政の三女。母は織田信秀の娘・お市(小谷の方)(織田信長の妹)。長姉の淀殿(茶々)は豊臣秀吉側室、次姉・常高院(初)は京極高次正室。

最初の婚姻相手は佐治一成で、その後離縁させられる。2度目の婚姻相手は豊臣秀勝、のち死別。三度目は江戸幕府二代将軍徳川秀忠に再々嫁し、秀忠の正室(継室)となる。

人物像

淀殿(茶々)・常高院(初)・崇源院(江)のいわゆる「浅井三姉妹」は、「戦国一数奇な運命を辿った姉妹」として知られる。いずれも母・お市の方の美貌を受け継いだ美女で、幼い頃からたいへん仲の良い姉妹だったと伝えられる。

だが実のところ、これほど身分が高く歴史的にも重要な人物でありながら、崇源院の容貌・性格などを含めた人物像を伝える確たる史料は少ない。小説・ドラマなどでは、前述のイメージや、夫・秀忠との関係から類推して、美貌で誇り高いがヒステリックで嫉妬深い性格の人物として描かれる事が多い。が、作家永井路子は彼女を母や姉達ほど美人でもなく機転が利く訳でもないが、どんな運命に巻き込まれても平然と受け流し、その度に魅力を増していく女性という、全く別の解釈をしている。

夫・秀忠はお江与と結婚して以降、浮気はあったが正式な側室は1人ももたなかった。彼女が秀忠より年上で、嫉妬深い性格であったため、律義な性格であった秀忠は頭が上がらなかったとされるが、それだけ魅力のある女性ではあったようだ。

また、春日局との対立から、「自ら養育した」三男・忠長を溺愛し二男・家光を疎み廃嫡を企てる悪女のイメージも強い。かつては実子でもお気に入りの子だけをあからさまに贔屓するのは普通の事で、実際に三男の方を可愛がっていた可能性はあるが、近代以前高貴な女性は決して我が子に自ら授乳し育児をする事は無い(それは乳母の役目。事実、忠長にも乳母が付いている)という常識からして、それは有り得ない。「嫡子(長子)相続制」を定めた家康の政治的意図や、春日局が彼女の死後に大奥で絶対的権力を握った背景も考慮すべきであろう。

二男・家光よりも三男・忠長を可愛がったのは、忠長が母・崇源院の伯父・織田信長によく似ていたためであるという。忠長の妻は織田信長の次男・織田信雄の孫娘であり、母・崇源院がいかに織田家との血筋を重んじていたのかが伺える。

 

○ 「かつては実子でもお気に入りの子だけをあからさまに贔屓(ひいき)するのは普通の事で」、ここでは贔屓と表現されていますが、この言葉以上の差別的扱い、さらには贔屓の対象から外れると、どんどん道具化されてゆく、お気に入り⇔道具化への両サイドの振幅が極端に開き、感情むき出しで命がけ(半死半生)の人生だったのですね、家康爺いの人生を巡る数多(あまた)の女性の中で、築山殿と於江与は印象に残る女性ですね、

 

○ 信長の後、覇権を継承した秀吉に真っ向立ち向かい、三河から関東を維持した力量を支えたのは、伊賀越えから共に歩んだ伊賀忍たちでした、秀吉は毛利をはじめ西の水軍を押さえていたので、負ける気はしなかったと思います、小牧・長久手の戦いの後も悠々と大坂城に引き返しています、この戦の後、しばらくして服部半蔵が亡くなり、本田正信が徳川の知恵袋として家康爺いを支えることになります、

 

○ 本章はタイトルにあるように、教師として職責を全うする方をイメージしながら描いているので、作為(自分で言うのも変ですが)のない重要で貴重な事実を取り上げておきたいと思います、次の世代を支える子供たちには、この道だけは歩んではならないと警鐘を込めて、人の道具化が極限まで進むと肉片化まで行ってしまいます、以前、養老 孟司先生(解剖学)の「バカの壁」だったか、発言だったか定かでないのですが、今の子供たちは死体を目にすることがあまり無く、人の死(自分の死)にたいして向き合う機会が無いという主旨だったと思います、これからお話しするのはお市の方の長男、万福丸(浅井三姉妹の兄)の話です、

お市の方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E5%B8%82%E3%81%AE%E6%96%B9

なお、市は秀吉を毛嫌いしており、勝家が自害するときに城から脱出するように勧めたが、市は受け入れずに勝家と運命を共にしたと言われている。死を賭してまで秀吉を避けた理由としては、秀吉が猿顔で長政に比べるべくもない醜男であったこと、または秀吉が信長、長政や勝家と異なり成り上がり者であったこと、さらに、夫長政の死後、戦国の習いとはいえ、お市の生んだ長男とされる万福丸が秀吉の手によって田楽刺しにされた上に磔(はりつけ)にされた事項などが考えられている。ただし、秀吉は彼女に熱烈な好意を抱いていたとされ、小谷落城の際も賤ヶ岳落城の際にも母子の生命を何とか救おうとしていた。また後年茶々(淀殿)を側室に迎えたのも、三姉妹の中で彼女が一番市に似ていたから、と言われている。

磔 (はりつけ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A3%94

 

○ 紹介だけに留めて置きます、明治の初期まで行われていたのですね、最近でも愛憎極まり、肉片化を辿(たど)った事件が数年おきに発生しています、ここで、感情のマイナス面の連鎖を例に挙げてみます、コミュニケーションの遮断、顔も見たくない、個人的な思い込みによる断罪、排斥、排除、仲間への排除の通知及び同調の強要、この辺りから戦争状態です、脅迫、監禁、抹殺、ここまでは道具化の経路で、この後は肉片化に向かいます、恐怖感を連帯し、意味の無い憎悪や復讐を空回りさせる構造です、行き着くところはナチスのホロコースト(人種の大量抹殺)でしたね、スタートはエサの奪い合いから、コミュニケーションの断裂を起こし、しだいに拡大してゆきます、宗教観が関与すると、数千年も続くカラ回りもあります、これらのローテーションを良く知り、いかに戒めてゆくか、初期コミュニケーションの糸口が大切であることを再認識してゆこうと考えています、「バカの壁」の不感症に陥らないようお互いに注意を喚起するのは大切ですね、

 

○ ミステリーがあります、秀吉は万福丸が信長の実子であることを知っていた、さらにこの万福丸の扱いを考えると、信長への恨み(畏(おそ)れ)は尋常ではなかったと察せられます、文面にもあるように徹底的に自分の強大さをお市の方に示し、服従を促す、と同時に、秀吉のお市の方への憧憬には凄まじいものを感じます、越前北ノ庄城内で自害の報に接した時の落胆の大きさは察するに余りあります、このような心持ちで、聚楽第で謁見した家康爺いとの邂逅、物語は続きます、

 

○ 実はこの聚楽第では天正少年使節との謁見も行われ、彼らの持ち帰ったグーテンベルグ印刷機によって日本語書物の活版印刷が初めて行われた(これをキリシタン版という)、1591年のことでした、この辺りの描写をさらに、

15877月 豊臣秀吉によるバテレン追放令発布

徳川家康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%B7

豊臣家臣時代

天正14年(1586年)111日、家康は京都に赴き、115日に正三位に叙任される。1111日には三河に帰還し、1112日には大政所を秀吉のもとへ送り返している。124日、家康は居城を浜松城から駿府城へ移した。

天正15年(1587年)8月、家康は再び上洛し、88日に従二位、権大納言に叙任される。その後、家康は後北条氏と縁戚関係にあった経緯から、氏政の弟で旧友の氏規を上京させるなど秀吉と氏直の仲介役も務めたが、氏直は秀吉に臣従することに応じず、天正18年(1590年)、秀吉による小田原征伐が始まる。家康も豊臣軍の一員として出陣し、ここに秀吉による天下統一が成った。なお、これに先立って天正17年(1589年)7月から翌年にかけて「五ヶ国総検地」と称せられる大規模な検地を断行する。これは想定される北条氏討伐に対する準備であると同時に軍事的に勝利を収めながらも最終的に屈服に追い込まれた対秀吉戦の教訓から領内の徹底した実情把握を目指したものである。この検地は直後の移封によってその成果を生かすことはなかったが、新領地の関東統治に生かされることになった。

その後、家康は秀吉の命令で、駿河・遠江・三河・甲斐・信濃の5カ国から、北条氏の旧領である武蔵・伊豆・相模・上野・下野・上総・下総の7カ国に移封された。これは150万石から250万石への加増であるが、徳川氏にとっては縁の深い三河の土地を失い、さらに当時の関東が北条氏の残党など、なおも不穏な動きがあったことを考えると、家康にとっては苦難であったと思われる。だが、家康はこの命令に従って関東に移り、江戸城を居城とした。

関東の統治に際して家康は有力な家臣を重要な支城に配置するとともに、100万石余といわれる直轄地には大久保長安や伊奈忠次、長谷川長綱、彦坂元正・向井正綱、成瀬正一・日下部定好ら、有能な家臣を代官などに抜擢することによって難なく統治され、関東は大きく発展を遂げることとなる。

 

○ このような流れから、天正少年使節団の持ち帰った文物は家康爺いを通して間接的に坂東の大学、足利学校に影響を与えたと充分に考察可能と考えてます、家康爺いはキリシタンにたいして鷹揚な態度を示し、ウィリアム・アダムス(三浦按針)の例にも見られるように積極的に西欧の先進知識を取り入れたと思われます、そこで、ルネッサンスの人間主義との関係はどうだったのか考察してみます、伊東マンショはローマまで行ってきたのですが、次のページの描写が良くできていると思います、

遣欧少年使節 ( けんおうしょうねんしせつ)

宗麟は遣欧を知らなかった?

http://www.e-obs.com/heo/heodata/n246.htm

 

○ 1579年(信康切腹事件)から少年使節団の謁見(1590年)までの約10年間、信長から秀吉に時代が変わり、家康爺いも関東へと、その直後の文禄・慶長の役、秀吉さんは西洋の文物を目の当たりにし、やられる前にやる、先手必勝主義を地で行ったようです、わが家康爺いの末期、徳川家康の命で起草された1615年発布の13ヶ条から成る最初の武家諸法度、そのほか類似の禁中並公家諸法度、諸宗諸本山法度、どうも家康爺いが西洋と、文禄・慶長の役から学んだのは法制度の整備だったようです、封建制度を磐石なものに裏付けをした法治主義の導入は見事なものでした、大名間のいざこざだけは自分の人生をふり返ってみて、第一に避けたいことだったのでしょうね、ご期待に沿えず名残り惜しいのですが、これといってとくにルネッサンスからの影響は探せませんでした、ただ、権力をむやみに振り回す暴挙は無くなり、法治制度を優先したインテリジェンスには敬意を表したいと思っています、

 

○ 電話の時代を経て、瞬時に感情の共有をできるテレビ会議の時代に移ろうとしています、家康爺いの固めた、あらゆる人の隔離政策(箱庭世界観)が再発現しないよう自由の原理に立ち返るのは大切な生きる力です、人類史上最も強い恐怖に苛(さいな)まれた偉人、家康爺いの魂を弔(とむら)いたいと思っています、と同時に、移動の自由、婚姻の自由、職業選択の自由、思想・信条の自由、発言の自由、報道の自由の大切さを噛み締め、これらを蝕(むしば)む人権の蹂躙(じゅうりん)に繋がる、強要、教唆、誘導、道具化(近年性差別の分野で要注意)、公的役職の世襲、連帯責任(職場などのパワハラの元)の強制、個性差を論(あげつら)ったバカ笑い、これらは全て最終的に暴力に繋がります、逆に言えばこれらのメカニズムを良く知れば、火元が分かるので、勇気を持って立ち向かうことができます、社会あるいは行政がこの勇気を敏感に嗅ぎわけ、支えるようにしたいものですね、

 

○ さてここで、自由にまつわる話題を少々、私は幼い頃から、「自由には責任が伴う」、と教えられて育ちました、この場合、憲法で言う自由とは絶対的自由のことで、責任云々はその下位の行政法等での相対的自由のことを指しています、これらの混同がレトリックとなり、正直、官僚たちの腐敗した行動(行く末を案じない)を生み出したと、一面で考えています、今、私は自由には絶対的自由しかなく、エサの配分や、社会での席取りに関する制限は、教えられなくても分かっています、敢えて責任を持ち出したのは策略ではなかったかと勘ぐっています、誰も無差別駐車の自由を叫んで憲法訴訟をする訳でもありません、気になっているのは、本来人権として備わるべき絶対的自由が、教育の世界で捻じ曲げられていないか、自由を通して基本的人権が矮小化されているのではないかと気を揉(も)んでいます、無責任であれとは言いません、しかし、敢えて、絶対的自由を明示します、「人は生まれながらにして神聖不可分な自由を権利として持つ」、この部分が曇っていては、世襲教師の麻薬ループを抜けられなくなります、ご用心を、

 

○ ところで、実は、イジメのルーツはこの曇りのことなのです、もっと正確に表現すると、この曇りの原因が除去されず、時として体罰(恫喝であったりする)のように拡大生産される不安や恐怖に端を発しています、くれぐれもお願いしたいのは、入学試験を考査する教授に世襲のサイクル(安易に児童の責任を持ち込んでいないか)が存在しないことを教職員は自戒し、判定への徹底した開示を目指して努力をお願いします、「教育の機会均等」を保障する、このことは21世紀では地球規模の事業になります、一歩一歩で良いので、異民族、異文化の子息への開かれた教育を目指してください、人間を育(はぐく)む、子供たちのイジメがこの部分を嗅ぎ取っての行動であるケースも増えてきています、

 

○ だいぶルーツの9も煮詰まってきました、コミュニケーションの糸口を失くすと、閉塞された強制が待っている、この仕組みに話題を転じてゆきます、マイクロソフト社がこの10年取り組んできたOS、ウィンドウズの多言語対応も実績を積んできました、ようやく異言語間のコミュニケーションが身近になってきました、携帯でも間もなく簡易通訳機能も搭載されてくるでしょう、今後ますます日本で育った子供たちが海外に出てゆくことになるでしょう、環境知識のベースを備えてやらないと苦労するのは目に見えています、江戸時代は剣のこなしが必須の素養だとしたら、分別ゴミの分類について成分組成をしっかりと身につけておいてあげてくださいね、では、ラストスイング、ルーツの10に突入します。

イジメのルーツ 9

ティトム球理論2 応用編 フォーチュンテラー fatacy ![if !vml]>f-22-sonic-boom 宇宙の全て ティトム球理論 降着円盤 銀河のジェット Titom 人権とローカリズムの環境上の衝突 家康爺 の人生を通して 人権とローカリズム(地域主義)の環境上の衝突