徳川家康

by WIKI

 

服部半蔵

by WIKI

 

イジメのルーツ 4

人権とローカリズム(地域主義)の環境上の衝突

   イジメのルーツ 4    忍者の生活などを掘り下げます

 

○ 伊賀、甲賀をはじめ、人間を特定の道具に育てる考え方が敷衍(ふえん)していたので、徒弟制度から、練兵場のようなものはあったと考えています、後の寺子屋制度に繋がるものでしょうけど、

寺子屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E5%AD%90%E5%B1%8B

 

寺子屋の起源は、中世の寺院での教育にさかのぼるとされる。その後、江戸時代に入り、商工業の発展や社会に浸透していた文書主義などにより、教育への要求が一層高まり、まず京都・江戸・大坂などの都市部に寺子屋が定着していった。寛政年間(1690年代)前後ごろから農村・漁村へも広がりを見せ始め、江戸時代中期(18世紀)以降増加の度を強めていき、特に江戸時代後期の天保年間(1830年代)前後に著しく増加した。また、経営形態も職業的経営に移行する傾向を見せた。

教科書としては、『庭訓往来』『商売往来』『百姓往来』など往来物のほか、文字を学ぶ『千字文』、人名が列挙された『名頭』『苗字尽』、地名・地理を学ぶ『国尽』『町村尽』、『四書五経』『六諭衍義』などの儒学書、『国史略』『十八史略』などの歴史書、『唐詩選』『百人一首』『徒然草』などの古典が用いられた。中でも往復書簡を集めた形式の書籍である往来物は特に頻用され、様々な書簡を作成することの多かった江戸時代人にとって実生活に即した教科書であり、「往来物」は教科書の代名詞ともなった。

寺子屋への就学年齢は、特に定まっていた訳ではなく、およそ5 - 6歳で就学し、13 - 14歳から18歳になる頃まで修学する例が多かった。男子限定、女子限定の寺子屋も少なくはなかったが、男女共学の寺子屋が多数派であった。江戸における嘉永年間(1850年頃)の就学率は7086%といわれており、イギリスの主な工業都市で 2025%1837年)、フランス 1.4%1793年)、ソビエト連邦 20%1920年、モスクワ)と他国に比べ就学率が高かった。幕末期には、江戸に約1500、全国では15,000の寺子屋があった。1校あたりの生徒数は10人から100人と幅が広かった。

 

○ 「ルーツの4」でたどり着くであろう結論を先に話します、人間が道具として生きる部分と、そうでない部分の双方に自由が保障されているのか、この辺りは公平性とも関係し、複雑になりますが、最初は道具として生きる部分、経済の仕組み(エサの確保)に飲み込まれている部分ですね、そして、残された個の部分、家族とかグループ、地域と広がりながら、前者、つまり道具として生きる部分とも絡み合ってきます、暫くの間、戦国時代では、戦う道具としてしか生きることが許されない過酷な時代だったので、忍者を例にしてお話を進めます、数字で示せないのですが、極端に高い幼児死亡率、それを越えて、人々の営みとその歴史が途切れることなく続いてきた景色を旅してみます、

 

○ 家康爺いの功績の偉大さに疑問を差し挟む余地は無いのですが、その思考方法には忍者としての特質が度々見受けられます、数多くのエピソードの中でも、特筆すべき一級品は、

三方ヶ原の戦い (1573年 - 家康爺い30歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%96%B9%E3%83%B6%E5%8E%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

この戦いで家康は討ち死に寸前まで追いつめられるが、追撃を振り切り浜松城に一騎で逃げ帰った。このあと全ての城門を開き、篝火を焚き「空城の計」を行う。これに対し、伏兵がいるのではないか、との疑念を持った信玄は城内突入をためらい、家康は九死に一生を得た。その夜家康は何とか一矢報いようと野営中の武田勢を奇襲、犀ヶ崖の絶壁に次々と転落させている。この惨敗において家康は、夏目吉信、鈴木久三郎らを身代わりの憤死により失い、成瀬吉右衛門、日下部兵右衛門、小栗忠蔵、島田治兵衛といったわずかな供回りを連れて浜松城へ引き上げた。途中恐怖のあまり馬上で脱糞したと言われている。

この敗戦時に描かせた、苦渋の表情の肖像画(「顰像」と言われる)が残されているが、これは家康にとって、軍略の重要性を自らの戒めにするため、と解釈することもできる。そして、城に籠もる相手方を出陣させて野戦に持ち込むという手法は、関ヶ原で家康自身により再現される(ただし、このような敵を城からおびき出して野戦で決戦を挑む戦法は、信長が得意としていた戦法でもあり、そこから家康が学んだとも考えられ、また,三方ヶ原の敗戦もひとつの教訓にしたともいえる)。 なお、「顰像」を描かせたのち、家康は、湯漬けを食べると、そのまま鼾を掻いて眠り込んだといわれる。

合戦後

三方ヶ原の戦い後、遠江で越年した信玄は三河へ侵攻し、野田城を攻略する。しかし、ここでも1ヶ月を要しているが、あるいは信玄から何らかの判断が出ていたのかもしれない。攻略後の2月、本隊は帰路に就くが、途中、信濃伊奈郡の駒場(こまんば、現在の長野県下伊那郡阿智村駒場)で病没、戦役は終了する。信玄の死後、武田氏は、信玄の嫡子・武田勝頼を当主とするが、その政権交代の間隙を衝かれ、同年8月に家康の調略によって三河衆の奥平貞能・奥平信昌親子が武田氏から離反し、長篠城を攻略されている。後に長篠の戦いで武田氏が大敗したことを考慮すると、奥平信昌及び長篠城を攻略したことは家康にとって重要な転機であったといえるだろう。

 

○ 家康爺いが忍者的思考を始める転換点なので、もう少し詳しい描写を、

空城計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E5%9F%8E%E8%A8%88

空城計(くうじょうけい)は兵法三十六計の第三十二計にあたる戦術。

野戦で敵に敗れた場合、既にして敵軍が圧倒的に優勢な状況であることが多い。その状態で城に逃げ込んでも結局最後には補給を断たれ、降伏することを余儀なくされるだろう。自軍が圧倒的に数が少ない場合、敵軍が攻城戦や包囲戦に移ることを防ぐためには、敵将に自軍の戦闘能力を錯覚させることが重要である。例えば敵軍に攻め寄せられた際に城門を開け放ち、自ら敵を引き入れようとすれば優秀で用心深い指揮官ほど逆に警戒するものである。

『三国志演義』では蜀の諸葛亮が野戦で魏に敗れた際に、蜀軍は魏軍と比べて圧倒的に兵力が少なかった。そこで諸葛亮は一計を案じ、城に引きこもって城内を掃き清め、城門を開け放ち、兵士たちを隠して自らは一人楼台に上って琴を奏でて魏軍を招き入れるかのような仕草をした。魏の司馬懿は諸葛亮の奇策を恐れてあえて兵士に城内に踏み込ませなかったという。 (正史では、漢中争奪戦の際、蜀の将軍・趙雲が空城計を使って曹操を撤退させたのが初である)

このように、自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略を空城計と呼ぶ。

日本では三方ヶ原の戦いで武田信玄に敗れた若き徳川家康が城に逃げ込んでから城門を開け放ち、篝火を煌々と炊いて見せたという。老練な戦術家として知られた信玄はこれを警戒して三河攻略を断念した。(この瞬間では、信玄の体力の問題が大きかったと思います)

 

○ 死地をさまよったこの時期にも、服部半蔵や伊賀忍群の寄り添う姿が目に浮かびます、かろうじて生き残ったのは、上記合戦の解説にも薄っすらと、忍者集団の暗躍のシルエットが、微妙に浮かび上がっているのにお気づきでしょうか、「その夜家康は何とか一矢報いようと野営中の武田勢を奇襲、犀ヶ崖の絶壁に次々と転落させている」、「その政権交代の間隙を衝かれ、同年8月に家康の調略によって三河衆の奥平貞能・奥平信昌親子が武田氏から離反し」、これらの調略(諜略)により、次の本能寺の変の後の伊賀越え、小牧・長久手の戦いへと秀吉の才能に近づいてゆくのです、

 

○ 家康爺いの人生では、信長、秀吉の両者が備えた、時代を変革する技は、これといって持ち合わせてはいなかったのですが、三方が原の合戦を除いて、戦(いくさ)に負けていない、後の街道に張り巡らせた公儀隠密のネットワーク、情報戦の覇者だったのでしょうね、「参勤交代(さんきんこうたい)は、各藩の大名を定期的に江戸に出仕させる江戸時代の大名統制のための制度である。それまで各大名が自主的におこなっていたものを寛永12年(1635年)の武家諸法度改定によって義務付けした」、参勤交代はこのネットワークの上で行われ、幕府は地方の状況(考え方)を手に取るように把握できたのでしょう、

 

○ いよいよ、忍者物語の真髄に向かいます、

伊賀流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%B3%80%E6%B5%81

特徴

山を一つ隔てた場所に存在する甲賀流と異なる点は、甲賀忍者が1人の主君に忠義を尽くすのに対し、伊賀忍者は金銭による契約以上の関わりを雇い主との間に持たない点であるとされる。

また、伊賀流の訓練法は独特さをもって知られており、例えば顔の半分を紙で覆い、紙を顔から落とす事なく一里以上を走りぬく等、幼少の頃から厳しい訓練のもと、優れた忍者を育てる事を伝統としてきた。伊賀郷士はしばしば雇い主が敵同士の場合でも、依頼があれば双方に忍者を派遣する実例をも持つ。そのため他の郷の忍者よりも一層、例え仲間であろうと即座に処断できるような厳酷な精神も求められた。「抜忍成敗」はその極みとも言うべき物で、裏切りや脱走はいかなる事があっても認めない、という物である。

 

○ 「例え仲間であろうと即座に処断できるような厳酷な精神も求められた」、「抜忍成敗」、いやはや、厳しいルールだったんでしょうね、厳しい、といえば、江戸時代の身分差別による秩序が、どれくらい厳しかったのか、データを集めてみました、

大名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%90%8D

まず、徳川将軍家との関係によって、一族の家門大名(親藩、親藩大名)、主に関ヶ原の戦い以前に徳川家の家臣だった譜代大名、関ヶ原の戦い前後から家臣となった外様大名に分類される。

武士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%A3%AB

・幕府の旗本は「侍」、御家人は「徒士」である。

・幕府の役所の下役で一代限り雇用名目の者達のうち、与力は本来は寄騎、つまり戦のたびに臨時の主従関係を結ぶ武士に由来する騎馬戦士身分で「侍」、同心は「徒士」である。

・代官所の下役である手付は「侍」、手代は「徒士」である。

・郷士は郷に住む武士で、多くは「徒士」身分であるが、「侍」身分の者もいる。

・足軽は士分(武士)には入らない。「卒」と呼ぶ。発生期の武士の戦闘補助を行った従卒と同一の階層とみなされたわけである。但し、時代が下ると共に徒士と同じ下級武士として待遇されていった。

・武家奉公人の内、若党は士分で「徒士」身分である。

・お抱えは、一代限りの雇用の者だが、実際は世襲することも多く、軽輩の者が多いなかで、専門職で侍身分の者もいた。足軽、武家奉公人の他、江戸町奉行所の与力、同心、代官所の手代など。学者、医者等もお抱え雇用されることが多かった。

士農工商

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AB%E8%BE%B2%E5%B7%A5%E5%95%86

厳密な百姓身分、町人身分とされたのは家の筆頭者だけであり、それ以外に村内、町内には細かな身分構造が存在していた。また「町人」と「商人」は異なる身分とみなされていたとする実証的研究もあり、実際の江戸時代の身分制度はかなり錯綜した複雑な構造を持っていたようである。そもそも、士農工商に含まれない身分、(公家・僧侶・神主・検校・役者、穢多など)も相当数おり、これらも公認の身分を保持していた。現実の江戸時代の身分制度はまだ未解明な部分が多く、今後の実証的な研究が待たれる面が大きい。

穢多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%A2%E5%A4%9A

えた(穢多)は、穢れの多いとされた仕事をする職業身分の事を指し、江戸時代には、士農工商に分類されない最下層の身分の人々の事を指していた蔑称。現在では差別用語に分類される。差別用語であるとの認識は江戸時代当時からあり、自らは「長吏(ちょうり)」、あるいは「かわた」と呼んだ。

非人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E4%BA%BA

非人とは

非人は、(1)代々の「非人素性」の者、(2)非人手下(ひにんてか)という刑罰で非人になる者、(3)野非人(無宿非人)の違いがある。このうち(1)(2)を抱非人(かかえひにん)と呼び、(3)と区別する。

(1)般の非人は、非人頭(悲田院年寄・祇園社・興福寺・南宮大社など)が支配する非人小屋に属し、小屋主(非人小頭・非人小屋頭)の配下に編成された。この頭や小屋主の名称は地域よって異なる。非人は小屋に属して人別把握され、正式な非人となる。

(2)犯罪による非人への身分移動を伴う刑罰を非人手下という。刑の執行は、非人頭に身柄が引き渡されることで完了する。人別把握され、非人となる。刑罰の一覧参照。

(3)野非人・無宿非人は、非人の組織に属さないまま、浮浪状態にある者である。平人・抱非人・穢多が、経済的困窮などによって欠落(かけおち)し、無宿となり、浮浪状態となる。取締の対象であり、捕まった野非人は元の居所に返されるか、抱非人に編入された。この脱走が3回に及ぶと死罪にされた(1790年)。

水呑百姓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%91%91%E7%99%BE%E5%A7%93

水呑百姓(みずのみびゃくしょう)とは、江戸時代において、在方の人別に加わりつつ、石高を所持しない無高の者を指す呼称。単に水呑ともいう。対して石高を所持する者が百姓(本百姓・高持・高持百姓)と呼ばれる。

また、「水呑無高」と併記されることも多く、水呑と無高が別の内容を指す場合もある。

江戸時代には、農地を正式に持ち、年貢を納める者を百姓と言った。江戸初期には、年貢の他に、各種の賦役を負う家が定められた。賦役の負担する量や種類によって、本役・半役・四(小)半役・水役などに分かれていた。これが、本来の百姓だったと考えられている。

水替人足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%9B%BF%E4%BA%BA%E8%B6%B3

発案者は勘定奉行の石谷清昌(元佐渡奉行)。佐渡奉行は治安が悪化するといって反対したが、半ば強引に押し切る形で無宿者が佐渡島に送られることになり、毎年数十人が送られた。

当地の佐渡では遠島の刑を受けた流人(「島流し」)と区別するため(佐渡への遠島は元禄13年(1700年)に廃止されている)、水替人足は「島送り」と呼ばれた。

当初は無宿である者のみを送ったが、天明8年(1788年)には敲や入墨の刑に処されたが身元保証人がいない者、文化2年(1805年)には人足寄場での行いが悪い者、追放刑を受けても改悛する姿勢が見えない者まで送られるようになった。

 

○ それでは次に、子供を生み育てる女性のおかれた状況を少し見てみます、

奢侈禁止令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A2%E4%BE%88%E7%A6%81%E6%AD%A2%E4%BB%A4

衣装の制限

寛永5年(1628年)には、農民に対しては布・木綿に制限(ただし、名主及び農民の妻に対しては紬の使用を許された)され、下級武士に対しても紬・絹までとされ贅沢な装飾は禁じられた。農民に対しては続いて寛永19年(1642年)には襟や帯に絹を用いる事を禁じられ、更に脇百姓の男女ともに布・木綿に制限され、更に紬が許されたそうでもその長さが制限された。更に翌年の「土民仕置覚」では紫や紅梅色を用いる事が禁じられている。その後も寛文7年(1667年)、天明8年(1788年)、天保13年(1842年)にも繰り返し同様の命令が出されている。

夜這い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E9%80%99%E3%81%84

夜這い(よばい)とは、夜中に性交を目的に他人の寝ている場所を訪れること(ほとんどの場合、男性が女性のもとへ通う)。一般に西日本で見られ、関東地方以北ではみられない。 婚、嫁、結婚などの字を古くは「よばふ」「よばひ」と呼んだ。これは「呼ぶ」の再活用形で「つまどい」「つままぎ」などの語と共に求婚の為に男が女のもとに通う事を意味した。昔の婚姻は結婚後も男が女のもとに通うのが普通であり、この事も「よばい」と言われた。「夜這い」という字が当てられるようになると、この行為は親や相手の承認なしに異性の寝所に忍び込む行為を指す様になり、不道徳なこととして排撃されるに至った。

民俗学の研究

赤松啓介の『夜這いの民俗学』によると、夜這いについては、時代や地域、各社会層により多様な状況であり、共同体ごとの掟に従う必要はあったが、性的には自由であったという(何しろ、他に楽しみがないので仕方がない)。

夜鷹/湯女/芸者/公娼と私娼/吉原遊び江戸の日々

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/2729/koushi.htm

 

○ さて、このような時代に、もしあなたが生まれたとしたら、を考えて見ましょう、「ルーツの5」でお話したいと思います。

イジメのルーツ 4

ティトム球理論2 応用編 フォーチュンテラー fatacy宇宙の全てティトム球理論 降着円盤 銀河のジェット Titom人権とローカリズムの環境上の衝突 家康爺 の人生を通して人権とローカリズム(地域主義)の環境上の衝突