徳川家康

by WIKI

 

服部半蔵

by WIKI

 

イジメのルーツ 5

人権とローカリズム(地域主義)の環境上の衝突

   イジメのルーツ 5    切腹関連の話題や三浦按針の登場です

 

○ 江戸時代を通して、今の時代から見て厳しいと感じるのは、移動の自由が無い、職業選択が自由にできない、その他、苗字、帯刀、婚姻について配偶者選択の自由、何から何まで、着衣や食事まで選択というものは無かった、というより、選択の幅も僅かなものだったのでしょうね、状況を描写する言葉をもう少し書き連ねます、

間引き

親のために子を犠牲にする事例は広く認められていた。江戸時代の刑法は、その傾向が顕著である。当時の日本では生後間もない子を殺す事例があり、間引きと呼ばれた。これは必ずしも貧しさから起こるものではなく、生活水準を保つためにも行われていた。またそれ以外にも、生まれてきた子供が奇形児や障害を持った子供であった場合に、産婆や母親が殺すケースもあった

姥捨て

飢餓で口減らしのために山に捨てたられた老婆などの伝承が姿を変えたもの、姥捨て伝説の副産物と解釈する人もあるし、直截、西欧の魔女に当たるものという人もある

五人組(再掲載)

五人組制度は村では惣百姓、町では地主・家持を近隣ごとに五戸前後を一組として編成し、各組に組頭などと呼ばれる代表者を定めて名主・庄屋の統率下に組織化したものである。これは連帯責任・相互監察・相互扶助の単位であり、領主はこの組織を利用して治安維持・村(町)の中の争議の解決・年貢の確保・法令の伝達周知の徹底をはかった。また町村ごとに遵守する法令と組ごとの人別および各戸当主・村役人の連判を記した五人組帳という帳簿が作成された。

 

○ ことさらマイナス面を強調するつもりはないのですが、人権の原点を決めようと考えたので、このような描写になりました、ようは、戦国時代の効率的戦闘組織であった忍者集団の考え方が、家康爺いを通して、ほとんどそのまま江戸幕府に受け継がれ、明治、昭和と企業文化の中にもこの時代の痕跡が時折見受けられるので、各種ハラスメントの原点を決めておかないと、人によって、立場によってブレることが無いように準備をしました、江戸時代は全般的に気候面で気温が低かったようで、飢饉も多発し、江戸の庶民にとっては苦労の多い時代だったようです、暗めの言葉が多いのもこのような事情が影響したのでしょう、

 

○ 追い討ちをかけるようで胸が痛むのですが、これも避けて通れない事実なので、自殺、自害を強要する文化についてです、制度の陰に隠れた狡猾な、私は寧(むし)ろ卑猥にさえ感じますが、勇猛な武士を自害に追い込むのは小心者の生きがいかもしれませんね、強者のみの世界ではなくて、弱者にも狡猾さで強者を屈服させることができる、ことほど左様に江戸の文化は、強靭だったと振り返っています、

切腹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%87%E8%85%B9

歴史と概要

切腹は、平安時代末期の武士である源為朝(1139年(保延5年) - 1177年(嘉応2年))が最初に行ったとされている。一般的に、鎌倉時代に武士の習慣と武士道が広まるに従って定着し、中世から近世を通じて行われたと思われている。ただし、平家一門が壇ノ浦の戦いで入水自殺したように、武士の自決が全て切腹であったわけではない。

近世以前の事例を見ると、一部の例外を除いて、切腹は敵に捕縛され、斬首されることを避けるための自決に限られている。戦に敗れたから即自決と言うわけではなく、地下に潜伏し、再起を図ろうとする武士も大勢いた。また、壮絶な切腹は畏敬の念を持たれることもあるが、切腹自体は自決のひとつに過ぎず、特に名誉と見られることもなかった。武士の処刑も全て斬首刑で、身分ある武士と言えども敵に捕縛されれば斬首刑か、監禁後の謀殺であった。

しかし、豊臣秀吉が天下を統一するころから徐々に切腹に対する意識が変わったと思われ、豊臣秀次、千利休らは刑罰として切腹を命じられた。それに対し、関ヶ原の戦い、大坂の役での敗軍武将への処刑は全て斬首刑であるが、古田織部、細川興秋など、豊臣方与力と看做された者は切腹させられている。その後も、改易された大名(家取り潰し)が切腹させられた例は浅野長矩など極めて例外的であることは注目に値する。

切腹が習俗として定着した理由には、新渡戸稲造が『武士道』(Bushido: The Soul of Japan1900年刊)の中で指摘した、「腹部には、人間の霊魂と愛情が宿っているという古代の解剖学的信仰」から、勇壮に腹を切ることが武士道を貫く自死方法として適切とされたとの説が、広く唱えられている。

切腹の動機としては、主君に殉ずる追腹(おいばら)、職務上の責任や義理を通すための詰腹(つめばら)、無念のあまり行う無念腹、また、敗軍の将が敵方の捕虜となる恥辱を避けるためや、籠城軍の将が城兵や家族の助命と引き換えに行うなどがある。また、合戦における下知なき行動(抜駆け)を行った者に対し、刑罰的な意味を込めて切腹を命じる場合もあった。中でも徳川家康は抜駆け行為に対し、一族郎党全員の切腹という、特に厳しい軍律を設けていた。

社会が安定した江戸時代に入ると動機の純粋さも失われて行き、先に殉死した同輩と並ぶために行う論腹や、家の存続や家名を上げるために行う商腹(あきないばら)と呼ばれる例も多く見られ、江戸幕府は殉死を禁じた。

介錯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8B%E9%8C%AF

介錯(かいしゃく)は切腹に際して、腹を切る時の痛みを軽減するために対象者の首を刀で刎ねること。江戸時代中期以降になると切腹自体が簡略・儀礼化し、いわゆる「扇子腹」の形式で行われるようになり、切腹人が小刀・脇差に見立てた扇子に手を伸ばそうとした瞬間に介錯することがほとんどであった。首を刀で斬り落とすのには首の骨の関節を切ること、身分地域により皮を残し切り落とすなどいくつかの作法が存在した。剣術の未熟な者は手許を誤って何度も斬り損ねたり、刀を損傷してしまうことも多々あった。これらは非常な恥とされたため、介錯人には特に剣の腕の立つ者が選ばれた。三島由紀夫の自害の際に介錯人となった森田必勝は2度斬り損ねたうえに、刀を曲げてしまったといわれている。

獄門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8D%84%E9%96%80

獄門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索

獄門(ごくもん)とは、江戸時代に庶民に科されていた6種類の死刑の一つで、斬首刑の後、死体を試し斬りにし、刎ねた首を台に載せて3日間(2晩)見せしめとして晒しものにする公開処刑の刑罰。梟首(きょうしゅ)、晒し首ともいう。元は獄舎の門前に首を晒したことからこの名前が付いた。付加刑として財産は没収され、死体の埋葬や弔いも許されなかった。

こうした刑罰は平安時代後期から存在し、平安京の左右にあった獄の門前に斬首された罪人の首を晒した事が「獄門」の語源であると言われている。また当時は斬首した首をただ晒すだけでなく、矛で貫いて京中の大路を練り歩くことも行われたという。以後も同様の刑罰は存在したが、本格的に刑法体系に取り入れたのは江戸幕府であったと言われている。

 

鋸挽き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%B8%E6%8C%BD%E3%81%8D

鋸挽き(のこぎりびき)とは罪人の首を鋸で挽く公開処刑の刑罰。中世および近世の日本で行われた。

復讐刑としての意味合いも強く、縛り付けた罪人の首に浅く傷をつけ、その血をつけた鋸を近くに置いて、被害者親族や通行人に一回か二回ずつ挽かせ、ゆっくりと死なせる刑罰であり、江戸時代より以前には実際に首を鋸で挽かせていた。

だが、江戸時代になると形式的なものになり、土の中に埋めた箱に罪人を入れ、首だけが地面から出るようにした上で3日間(2晩)見せ物として晒した(穴晒)。その際、罪人の首の左右に鋸を置いていたが実際に鋸で首を挽くことはなく、晒した後は市中引き回しをしたうえで磔とした。元禄時代に罪人の横に置かれた鋸を挽く者がおり、慌てた幕府はその後、監視の役人を置くようにしたという。

江戸時代に科されていた6種類の死刑の中で最も重い刑罰であり、主人殺しにのみ適用された。

 

○ 「切り捨て御免」に通じる風習や制度として、独特な文化を育てた江戸時代、人々は恐怖に育ち死んでいった、とも言えるし、私は人類歴史上最強の社会だったのではなかったか(外界への攻撃性ではなくて)、数キロ以内に閉じ込められて生を全うし、その箱庭世界観はある意味閉ざされた領域では、東洲斎写楽ではないですが、芸術だったと思っています、極東の島国文化がピークを示したのでしょうね、世界でも有数の選ばれた日本企業の強さのバックボーンが形成されたのは、この時代でした、

 

○ 歴史の暗黒面の話はこれ位にします、いよいよ、人間性、性(さが)の話に移ります、恐怖心、猜疑心、不信、これと反対に、献身、朽ちることも厭わない愛、人が育つ過程でこれらの感情とどう向き合ってきたのか、イジメのエリアを探検します、

 

○ 情報戦の覇者である家康爺いにちなんだお二方の登場を願います、ザビエルと三浦按針(みうら あんじん)です、

フランシスコ・ザビエル(1506年 - 1552年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%AB

15524月、日本布教のためには日本文化に大きな影響を与えている中国にキリスト教を広めることが重要であると考えていたザビエルは、バルタザル・ガーゴ神父を自分の代りに日本へ派遣し、自分自身は中国入国を目指して8月に上川島に到着した(ここはポルトガル船の停泊地であった)。しかし中国への入国はできないまま、体力も衰えていたザビエルは精神的にも消耗し、病を得て122日(123日説あり)に上川島でこの世を去った。46歳であった。

遺骸には早く腐敗させるために石炭が蒔かれたが、死後数ヶ月経っても全く腐敗しなかったという。遺骸は上川島で一度埋葬された後、マラッカを経てゴアに移され現在はボン・ジェズ教会に安置されているが、遺体の一部は、ローマ・ジェズ教会に移された。

ザビエルと日本人

ザビエルは日本人を、「今まで出会った異教徒の中でもっとも優れた国民」であるとみた。特に名誉心、貧困を恥としないことをほめ、優れたキリスト教徒になりうる資質が十分ある人々であるとみていた。これは当時のヨーロッパ人の日本観から考えると驚くべき高評価である。同時にザビエルが驚いたことの一つはキリスト教において重い罪とされていた男色(同性愛)が日本において公然と行われていたことであった。

布教は困難をきわめた。初期には通訳を勤めたヤジロウのキリスト教知識のなさから、キリスト教の神を「大日」と訳して「大日を信じなさい」と説いたため、仏教の一派と勘違いされ、僧侶に歓待されたこともあった。ザビエルは誤りに気づくと「大日」の語をやめ、「デウス」というラテン語をそのまま用いるようになった。以後、キリシタンの間でキリスト教の神は「デウス」と呼ばれることになる。

ウィリアム・アダムス(1564年 - 1620年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%B9

江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイギリス人航海士・水先案内人・貿易家。日本名の三浦 按針(みうら あんじん)としても知られる。

三浦按針となる

江戸でのアダムスは帰国を願い出たが、叶うことはなかった。代わりに家康は米や俸給を与えて慰留し、外国使節との対面や外交交渉に際して通訳を任せたり、助言を求めることが多かった。また、この時期に、幾何学や数学、航海術などの知識を家康以下の幕閣に授けたとも言われている。帰国を諦めつつあった彼は、1602年頃日本橋大伝馬町の名主で、家康の御用商人でもあった馬込勘解由の娘、お雪(マリア)と結婚した。彼女との間には、息子のジョゼフと娘のスザンナが生まれている。

やがて江戸湾に係留されていたリーフデ号が沈没すると、船大工としての経験を買われて、西洋式の帆船を建造することを要請される。永らく造船の現場を遠ざかっていたアダムスは、当初は固辞したものの受け入れざるを得なくなり、伊東に日本で初めての造船ドックを設けて80tの帆船を建造した。これが1604年(慶長9年)に完成すると、これに気をよくした家康は大型船の建造を指示、1607年には120tの船舶を完成させる(この船は1610年になって、房総の御宿海岸で遭難し地元民に救助された前フィリピン総督ロドリゴ・デ・ビベロに家康から貸し出され、サン・ブエナ・ベントゥーラ号と名付けられた)。

 

○ 「サン・ブエナ・ベントゥーラ号」は日光東照宮建造の技術がそのまま海の上に建てられたような感じだったのでしょうね、木工技術としてひときわ優れていたような気がします、後の樽廻船、菱垣廻船の元になった技術でしたね、明治以降、海洋資源しかない日本を支えた、歴史に輝きを放つ技術でしたね、

 

○ 「突き落とし殺人」とか凄惨な事件が起きていますね、イジメの分析を早く進めないと、とは気を揉んでいるのですが、油断して風呂敷を広げすぎると、話が回りまわって収まりが付かなくなるので、今は、慎重に土木工事をしています、家康爺いの勝ち抜くという信念からスタートし、あまたの負けた人たち、すなわちイジメられ、殺された戦国の武将たち、勝ち組、負け組みの椅子取りゲームを維持させるモチベーションにイジメが関連しているようなので、イジメることによって得ることができる幸福感、達成感など、この辺りの心理のメカニズムを浮き上がらせるために、「駄蓄以下の値段で売られ」と呼ばれた島原の乱の時代からスタートしたのです、ゆくゆくは「どつき漫才」なども、イジメとユーモアと冗談なども対比して俎上に上げ、対比しようと目論んでいます、乞うご期待を、

 

○ イジメの構造解析に論点を移行させます、突然ですが、サッカー話に飛びます、南米の個人技と欧州のチームプレー、よく対比されるのですが、以前伊賀の個人技と甲賀の集団戦の例もありました、そもそも個人技とは一瞬垣間見える現象で、根本をたどると何らかの集団に帰属します、大きくは文化的な背景とか、社会的なエネルギー、資源の配分を受けて個人が成り立っているわけです、何らかの戦闘や軋轢の場面で勝敗の帰趨が決められ、集団のルールが形成されてゆきます、ここで、上記論点の対極に位置するのが、自由の概念です、自由とは突き詰めると個人の側に在ります、遠くには、スパルタとギリシャの対比も有名ですね、

 

○ 意識の構造の変化にある直線が浮かび上がります、家康爺いが活躍した戦国時代、戦闘モードのみで極端に自由が制約を受けた時代を一極とし、もう一方の極はジャン・アンリ・デュナンを生んだ宗教的影響を受けてはいても、フランス革命の自由、博愛、理想を語った部分だろうと考えています、21世紀の現在の日本も相当自由が拡げられた状況としてよいでしょう、このような300年の変遷に揉まれて、人の一生も戦闘モードとささやかな自由とが織り交ぜられ、交錯します、思春期の集団参加の儀式の時期にイジメの現象が発現するのは、上記微妙な彩が織り成す模様と考えられます、

 

○ こういう表現はどうでしょうか、秩序を保ちながらの自由(無秩序では存在そのものが定義できない)、いっぽう、自殺を強要する集団の圧力(例:抜忍成敗)、負けること、負けた集団は死を意味した時代から、ゆっくりと時は流れ、今では「再チャレンジ」を支えようというように変わってきました、また、外国為替相場の激しい動きに翻弄され、自由な取引での敗者が存在を抹消される、「天下り」のように集団に属してさえいればより大きな自由を手にいれられる、このような奇妙な反転現象もまま見受けられます、

 

○ 子供たちが大人になる時、集団による統制と自我の自由(可能性)をどのように捉えているのか、より詳しく「イジメのルーツ6」で展開しようと思います。(3月分はアーカイブ入りのようなので4月1日にルーツの6をアップします)

 

 

 

 

岩崎弥太郎さんの興した会社が、国産ジェット機を作ります

http://www.c-player.com/ac93716/message

イジメのルーツ 5

ティトム球理論2 応用編 フォーチュンテラー fatacy himiko-hotaluna 宇宙の全て ティトム球理論 降着円盤 銀河のジェット Titom akashikaikyo-bridge 人権とローカリズム(地域主義)の環境上の衝突
人権とローカリズムの環境上の衝突 家康爺 の人生を通して 男と女とクラインの壷 超対称性ティトム理論 Super Titom Theory honda-jet